フリーランスで成功するために

同じ仕事をするのでも、組織に所属して行う仕事とフリーランスとして行う仕事は大きな違いがあります。組織の一部として働く場合は、部分的な職務においてスペシャリストであれば高い評価を得ることができます。

しかし、自分一人でフリーとして仕事を行うのであれば、自分の選んだ職種以外の知識も必要になってきます。もちろん周辺の知識という事も必要なのですが、それ以外にも役所への届け出なども自分できちんと行う必要が出てきますし、契約となるとある程度の法律知識も必要になります。自由さにあこがれてフリーとして働く道を選ぶ方が多いようですが、自由である分、自分でこなさなくてはならない部分が多くなるのだという事を意識しておく必要があります。

仕事を取るためには、自分のメインとして行う職種の知識というものはもちろん他の人以上に磨いておく必要があります。それに加え、自分の得意分野を商品として提供できるように仕上げるためには周辺知識という事も必要になるのです。そのうえで、こまごまとした事務処理や交渉、権利関係の処理をすることができる能力もなければ仕事にならないので、単に自分の目指す職種の知識があるというだけではフリーランスとして活躍することは難しいでしょう。広く深く気を配り物事にあたっていくことができる柔軟性という事も、フリーランスとして活躍するためには必要なこととなります。早いうちに周辺知識や交渉力などを磨いておくべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です