フリーランスの仕事の探し方はいろいろ

フリーランスの対象となる職種は様々です。弁護士や税理士等などの国家資格を持って仕事をする場合は、法律による独占業務があるのでフリーというイメージではありませんが、広い意味では企業に属さないで個人で仕事をするということで含まれるでしょう。その他ファイナンシャルプランナーやデザイナー、探偵業等どんな仕事であれ顧客の相談に乗ってそれを解決するコンサルタントを個人でやっていればこれも該当します。また、プログラマやシステムエンジニア、さらにライター等も含まれることになります。

こういった職種の人が個人で仕事を探す方法は千差万別です。事務所の看板を上げることや自分の事務所のホームページを立ち上げることによって顧客からの相談を待つという方法が代表的です。看板はその地域の人向けにはいいアピールになりますが、顧客対象者が少ないです。ホームページの場合は効果的なSOE対策が必要なこともあるでしょう。さらに広告宣伝を打つことで顧客を集め仕事を探す方法もあります。

しかし、ライターやデザイナー、イラストレーターの場合はクラウドの仕組みで応募をして仕事を得ているケースも多いようです。さらに、IT系のシステムエンジニア等になると仲介業者が募集や応募ができるサイトを運営しており、その仕組みを上手く使って仕事を探して応募することで効率的に仕事を探せますし、スカウトなどで直接声がかかることを待つというやり方もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です